Jr.担からの卒業

羽生田挙武というJr.に初めて興味を持ったのは、2012年1月の少年倶楽部だった。

気になるJというコーナーに神宮寺と一緒に出てしゃべる姿が、中学生なのにすごくしっかりしていて驚いた。

「尊敬している先輩は嵐の櫻井翔くん」「いつか嵐コンに出たい」

嵐はすでに大人気だったけど、嵐を尊元にあげるJr.はとても少なかったので、こんな小さな子がと衝撃だった。

 

すっと通った鼻筋がきれいで、はにかんで笑う顔がすっごく可愛くて、気になる存在になった。

 

Jr,にだけは手を出してはいけないと思っていたけれど、あむのまわりにいた岸君、ふうくん、じんぐうじ、れあたん、かおる…セクバのキャラも最高で、どんどん夢中になった。

 

真面目な話もできるのに、誰よりも先にふざけるあむが大好きで、

すぐに全力の顔芸するあむが大好きで、

ジュニランでじぐと漫才してたあむが大好きで、

れあたんと絶妙な距離感で手押し相撲するあむが大好きで、

コンサートや少クラで見ると誰よりもぴょんぴょんしてたあむが大好きで、

学業優先でテスト時期になるといなくなるのすら大好きで、

動きを止めた時のわがままボディが大好きだった(笑)

 

松松や、きしふう、あらちか、同じラインで一緒に踊ってた人とくらべちゃうと決してダンスは上手とは言えなかったけど、(半拍遅れてたり振りが抜けたり)それでも生で見るたびに明らかにダンスが上手くなってすごく驚いた。

あむを追いかけるようになって、本当に楽しかった。

意味わかんねー!なジャニーズトンチキ舞台も、Jr.の青春が詰まった(過酷な)スタンディングのEXも、楽しい楽しいセクゾコンもみんなあむがつれてきてくれた。(クリエはついに行けなかった)

デビュー組とは違う、うちわを持った時の喜びに世界が広がったような気がした。

本当に、楽しかった。

Jr.を応援する楽しさは全部あむが教えてくれた。

 

 いろんな時期があったけど、雑誌での発言を見てると、最初からずっとぶれてなかった。

ファンを大切に思っていると真っすぐに伝えてくれるところと、海外に出たいという気持ち。

 だから、あむの選択に対して、「ついに来たか」と思った。

そりゃものすごく寂しいし悲しいけど、露出が雑誌のみの今の状況でこのままJr.でいたとして、未来があるのかは疑問だったから。

 

地方お茶の間ファンの私が最後に生でJr.としてのあむを見たのは、2年前のガムシャラだった。

 

チーム者の最終2戦だったので、者が負けて決勝進出ができないことが決まって良い大人があほほど泣いた。嵐やブイのコンサート、剛健の舞台を見て泣いたことはあったけど、あんなに泣いた現場は初めてだったw

でもファンカッションをするあむは最高に輝いてた。隣には頼もしいリーダーになった神宮寺もいた。あむが本当に楽しそうだった。

じぐあむで始まったJr.担としての私が、じぐあむで終わるというのも、悪くない気がする。

 

 

あむは新しい道を歩き始めた。

 

「海外に出る」「品性を保って」「礼儀や規律は忘れず」

今からデビューする新人の言葉とは思えないくらいかたいけど、でも全然変わってないなと少しうれしくなった。

本人の言葉を聞くのも、声を聴くのも、動いている姿を見るのも、世界旅行のプライベート写真(マトリックス……)を見るのも、歌声を聞くのも、Jr.だった時には願っても願ってもかなわなかったことがこのひと月で一気にかなって正直混乱しているwツイキャスをするあむなんて想像もできなかったw

 

私はどうしようもなくジャニオタなので、アイドルでなくなったあむの新しい道を応援するかどうかは、時間をかけて見ていこうと思う。

 

 この5年半、本当に本当に楽しかったから、幸せをたくさんもらったから、

羽生田挙武くん、ありがとう!

ジャニアイ12/27 昼

あむいてくれと思って取ったジャニアイのチケット。結局あむは出なかったので、去年のジャニワも見てないし、ぽんさん(本髙克樹くん)とトンチキストーリーを見に行こうと思っていたら

 

帝劇に!!!!!!!健くん!!!!!!!!!!

 

幕間にステフォを急いで買いに行き、友人とゲスト誰だろうねみたいな話をしていた。

「Vだったら歌舞伎に出た健くんが一番可能性あるかな、あと舞台するトニとか…剛つんと岡田くんは来る想像がつかないし。ていうか健くん佐久間バックでMaybeやろう」

って完全に冗談で話してた直後のMaybeのイントロ、

今まで二十数年生きてきてはじめて聞くような声が自分から出ました。

 

イントロの時点で健くんだと気づいている人はかなり少なかったけれど、私と同じタイミングで唸ってる人がほかにもいたので、きっと春の歌舞伎を見てきた人だろうなぁとちょっとうれしくなった。

桜の季節の新橋演舞場で、そしてDVDで何回も見た、健くん以外の5人のカラーに塗られた手の画像と「MAYBE」の文字。

2階席だったので、健くんの特徴的な髪型のシルエットがせりあがってきたのがよく見えて(これも歌舞伎の時の登場と同じ)、もう涙をこらえることができませんでした。まさか帝国劇場で歌い踊る健くんが見られるなんて思っていなかったから。そんなつもりできてないから。笑

イントロでは半信半疑だった客席もだんだんざわざわしだして、健くんが顔をあげたときに歓声と悲鳴の混じったどよめきが帝劇中に響き渡ったのがすごく印象的でした。たぶん私がジャニオタである限りこの瞬間のことは忘れないと思う。それくらいすごかった。

 

Maybe

 まさか健くんソロのMaybeをもう一度生で見られるなんて思います?!?!?夢かな?!?!?!?!って100回くらい思った。

ほんとにさっくんバックでついてるし、ここは新橋演舞場かと。ド上手だったので、林くんだったところはなべしょが入ってるのに気づいたのは曲が中盤になってからでしたw

そもそも、私が歌舞伎を見た時にはもう骨折した後だったので、100%のパフォーマンスを見るのは初めて。歌舞伎の時も、本当に折れてんの?!って感じだったけどダンスがさらにキレッキレの健くんほんっとかっこよかった…私の視界に一緒におさまってたさっくんもキレッキレだった…そんでさっくんすごい楽しそうだった。顔はちゃんときめてたけど、喜びが全身から出てる感じ。

 ダンスももちろん手話入りで歌舞伎と同じだった。この曲はヘッドセット。Aメロの手話に表情で思いを乗せるのもすごい好きだし、サビの振りがすごくすき。

 

FLASH BACK

えっちょっとまってFLASH BACK?!?!夢かな?!?!?!?!?!?!

しかも健くんのソロのFLASHBACKとかむりしぬ……

驚きすぎて感情がいろいろ追いついてないし、でも1秒たりとも見逃してはいけないとだけ思って双眼鏡を握りしめるのに必死だった……

ハニビとかサンダバとかコスレスとかRYSとか、Jr.もいろいろVの曲やってくれるようになったけどここでみんなが知ってるシングル入れないところがほんと好き。

私は最高にうれしいけどV担じゃない大多数の人は置いてけぼりにならないかな大丈夫かな…って一瞬心配になったけど豪華なバック含め全員のダンスがかっこよすぎたので帝劇が完全に健くんのものだった。ダンスうまい人しかいなかったけど、中でも健くんのダンスが一番好き、って改めて思った。帝劇の0番に立つ三宅健。字面だけでもう震えるしかない。

振りはOMGの振りと同じ。シャッター音や歌詞の「Flash!」に合わせて止まるとことか「いつかアルバム開くときは~」からの振りがもう好きすぎて声を出さないように我慢するので必死だった…いやほんとかっこよかった…「かっこいい」しか出てこない自分の語彙の少なさほんと悔しすぎる…

 

will

せ!ん!きょ!!!く!!!!!!Willの健くんソロ夢かな?!?!?!?!

willはいろんなJr.が踊ってるのもあり、「あっ!」ってなってる人多かった。

振りもオリジナルで、最後にJr.と健くんが円になって拳を挙げて終わるところまで同じ。Jr.が踊るとアレンジされるから、Jr.がオリジナル踊ってるのも新鮮だった。

カウントを取ったことがないといって話題になった健くんだけど、健くんのリズムのとり方すごい好き。willはとくにすき。

間奏で健くん一番前で上半身ぐるっと回す振りのあたりで、視界に岸くんが入ってきて「?!?!?!?」って混乱wシンメがたかいとでさらに混乱wまさか健くんのバックで岸くんが踊ってるの見るとかまっったく想像してなかった。

2016年、新しい健くんをたっくさん見られて新鮮だったなぁ。

本当に幸せな時間でした。三宅担でよかった…という気持ち。

おかげで3幕の内容全く入ってきてませんw

 

kingとからむMCも超新鮮だったんだけど、とりあえず2016年中にこれだけは投稿しておきます。

2016年ありがとう!よいお年を!

私が選んだ双眼鏡

羽生田挙武くん、19歳のお誕生日おめでとう!

今日は、あむが見たくていい双眼鏡を買った時の話。

続きを読む

ジャニオタ社会人の応援スタンスについて(掛け持ち茶の間担)

興味深い記事を読んだので、自分も考えてみました。

cori0922kw.hatenablog.jp

ありがとうございます!

担当: V6 三宅健くん
     嵐 二宮和也くん
     Jr. 羽生田挙武くん


事務所担なので、色々なグループ見に行きましたが今はこの3人に落ち着いてます。
交通が貧弱な地方住みで、東京に行くにも大阪に行くにもとても時間もお金もかかります。新幹線通ってほしい。切実に。

  • 雑誌を買う基準

紙媒体LOVEなので、ついうっかり買ってしまう。その結果、雑誌の山が大変なことになる。
先日久しぶりに雑誌を解体したら毎日少しずつやっても3週間以上かかって大変後悔したので、本屋に行かないことに気を付けていきます。

健くん
雑誌の数も少ないし、常にビジュアル最強なので、基本的に載ってたら買う。
滝沢歌舞伎の露出ラッシュは大変でした。
HanakoとNYRONは立ち読みして気になったら買う。

にの
昔は本当に片っ端から買ってたけど、今は表紙でもなるべく厳選して買う。
CUTとかプラアクとかはテキストがいいことが多いので、買うことが多いかな。
ファッションに対する興味は低いのでMOREもたまに買う程度。

あむ
WUとPOTATOはたいてい載ってるので、写真を確認していい方を買う。(WUが多い)両方買うときもある。し、買わないときもある。
あむがお休みしてたガムシャラ後の半年は全然買ってなかった。
その他クリエやらガムシャラやらコンレポが載ってたら全力。

…やっぱ結構買ってる。笑

  • TV番組の録画

テレビ大好きテレビっ子だけど、社会人になってテレビ見る時間が激減したので、

見られる分だけ録画。録画忘れたらそこまでなんだとあきらめる。

というスタンスです。

毎週録画してるのは、手話、嵐にしやがれ、ニノさん、アメージパング、少クラ

毎週きちんと見てるのはしやがれと手話だけかな…VSは最近録画すら忘れる始末。
バラエティは焼いて消す…が、部屋を占領する膨大な録画ディスクを見ていて最近「焼いて残す」ことに意味を感じなくなってきているので、見たら消してしまうことも多くなってきました。

Mステは編集して焼いてからも基本消しません。見返すことが多いから、すぐみられるように。
あと、あらしのMステは布教にも非常に役立ちました。
住んでいる地方にテレ朝局がないので、友だちに渡すと非常に喜ばれます。

WSはにの、健くん関連で気が付いたら録画してすぐ編集。常にHDDの容量との戦い。

  • CD、DVDの購入

あまり現場に行けないので、CDを購入することで直接応援できたらと思っています。
嵐もV6も、基本的に全種買いです。複数買いはしません。
CDは、NEWSやせくぞんを買うことも。
DVDは、初回のみ買う。V6でマルチアングルが付いていれば、後から通常もそろえることが多いです。
映画のDVDは、本当に気に入った作品だけ。意外とドラマのDVDBOXは一つももっていませんでした。

  • グッズや写真

一応買うものを決めていくけど、実際に並ぶと全買いの勢いで買ってしまうの、今年こそ辞めたい。
ライブのテンションって怖い。
タオル収集芸人なので、タオルがあれば必ず買います。
毎回買うのはジャンボうちわ、フォトセット、ペンラ、クリアファイル、パンフレット、バッグ。


写真も、社会人になってからは土日やお盆などすし詰め状態の日にしか行けないので、ゆっくり見られず面倒になってとりあえず全部買ってしまう。
ジャニショに行けるのも半年に1度とかなので、大変な量になります。これも見直したい…



  • 現場


田舎在住でどの現場に行くのも遠征なので、交通費が本当に大変なことになります。全ステなんて到底できません。

GWや夏休み、SWなどまとまった休みを利用して遠征して複数回観る、が基本。

今回の滝沢歌舞伎は3~5で遠征して2公演見ました。空いた時間でピクサー展も見られて大満足。
去年の夏は、3日間で勝利ソロ1公演にガムシャラ2公演観ました。結構詰め込んだ。
シルバーウイークは、横アリV6→宮城嵐と大移動してちょっとしんどかったけど最高に楽しかった!

Jr.担の友だちと東京で遊ぶのが楽しみです。
なかなか行けなくて茶の間だけど自分へのご褒美として旅行もかねて現場に行くのは精神衛生的にもとても大事。現場のために働いています。

当たったら行く。外れても無理はしない。行ける範囲で。がモットー。
去年は本当にいろんな人に助けてもらって充実したオタライフでした。ありがたい。
初日、オーラスにも全くこだわりはありません。とにかく、一つは当たってほしいので、倍率が高いところは避けます。
ただカレンダー通りの休みで、土日の倍率が高いところにしか申し込めないので外れてもあきらめがつくようになってきたw




学生のころからくらべると、だいぶ落ち着いたなーとは思います。学生のころ現場の楽しさを知ってしまったから茶の間は無理だと思ってたけど、割と普通に茶の間してるかも。ただ、もっと雑誌やグッズを精選できるようになりたい…

これからも、身の丈に合ったオタライフ楽しんでいこうと思います。

滝沢歌舞伎2016雑感

初滝沢歌舞伎、行ってきました。
去年の年始のジャニワぶりのジャニーズ舞台。
滝沢歌舞伎は、桐山さんブームが来てたときに2012年のDVDを見せてもらったことがあるだけで、まさか自分が行くことになるとは思ってませんでした。


滝翼のコンサートは行ったことがあるので、滝様の笑いにかける情熱は知ってたけど、想像以上だった。ずーっと笑ってました。こんなに「楽しい」が、幸せが溢れる舞台は初めてかも。


そして印象に残ったのは、滝様のプロデュース力の高さ‼
健くんにもあんなに見せ場を作ってくれて感謝しかないんだけど、Jr.の使い方が素晴らしすぎて。

たくさん見てきたはずなのに、すっかりすのに やられた(笑)し、無所ちゃんたちの使い方が見事だった。げんげんとたにむは好きだったから楽しみにしてたけど、二人みたいな初参加のJr.にも全員に見せ場があったなぁ。しばらく見ないうちに、げんげんもたにむもダンスが上手くなっててびっくりでした。


すっかり滝沢歌舞伎のファンになって帰ってきました。リピーターが多いのも納得。



そして、健くん。
本格的なジャニーズ舞台は初めてということで、ジャニーズ舞台の演出大好きな私としては楽しみしかなかった。
幕開けてすぐに怪我があって本当に心配したけど、色んなメディアで大丈夫って伝えてくれたし、実際に見ても、言われないと本当に折れてんの?ってくらいにガンガンおどるしフライングもするし。
show must go onじゃないけど、健くんはプロの舞台人なんだって実感しました。
後輩とのからみも新鮮すぎて、微笑ましくて、本当に健くんありがとう滝様ありがとう滝沢歌舞伎ありがとう。
ますます好きになった!

千秋楽まで、怪我や事故なく無事に終わりますように!

V6 LIVE TOUR 2015 ~SINCE1995~FOREVER 9/21横浜アリーナ①

待ちに待った、本当に待ちに待ったツアー。2年ぶりだよ。1年間欠かさず官兵衛を見ながら待ったよ。
2年も待ったけど、20周年のアニバーサリーでいつものVコンとはいろいろ違って…
OMGの時から、「2年後の11月1日は日曜日だ!!!」って話題だったけど、私はがっつり仕事入ってました。土俵にすら立てず。残念。
今回は幸運にも、大阪5日、横アリ21日の2公演に参加することができました。
というか仕事の都合でどう調整してもこの2日しか行けなかった。だから今回はすっぱり割り切れたのかな。完全燃焼してきました!

21日、アリーナ2列目というとんでもない席でした。メインステも近ければ花道も近い。
V6はアリーナ席から立ち見まで経験したことがあって、どこでも本当に楽しかったから席はあんまりこだわってなかったんだけどずっと近かった。幸せだった…
もうしばらく、こんなにいい席は絶対に来ないだろうと思って大切に見ることができました。

 

シングル盛りだくさんで、大好きな曲や思い出の曲いっぱいやってくれて本当にうれしかった。特に!あの曲と!あの曲と!あの曲!!!
絶対泣くだろうなって思ってたけど、健くんがよく見えなくなるから我慢した。あと、本当に楽しかった。ずっと笑ってた。
セトリや演出についてもいろいろ言いたいけど、なんか本当に言葉にするのが難しいコンサートだったので、メモをとってたMCとあいさつをのこしておきます。

続きを読む